• 授業開始までのステップ
  • 生徒様マニュアル
  • スカイプについて
  • LINEについて
  • テキストブックについて
  • 生徒様の体験談
  • 先生の評価閲覧/投稿
  • お支払いについて
  • 休会/退会するには
  • flexエイゴルニュース購読
  • 緊急連絡板
  • 先生がレッスンに現れなかった時の対応
  • お役立ち情報


  • ご利用規約

    第1条 規約の範囲
    1. 本規約は甲のホームページに掲載している全内容及び乙にメールで案内するものも含めて適用する。

    2. 甲乙は本規約を遵守しなければならない

    3. 甲は本規約を乙への予告無く変更できるものとする。
      甲は本規約を変更した場合は速やかに変更内容を乙へ通知しなければならない。

    第2条 契約の成立
    甲が提供する本サービスの乙になる者は甲の規約を理解した上で、これに同意し、乙は必要事項を正確に甲のホームページ(登録)から登録しなければならない。
    乙が未成年の場合は乙の保護者の同意を得なければならない。
    甲が提供する本サービスは月謝制であり、乙はこれを理解し、乙は本サービス受ける前までに甲の定める受講料を甲が定めた決済方法により支払わなければならない。

    甲により乙が入金した金額が規約通りであることを確認できた時点で甲と乙の契約は成立したものとする。

    第3条 個人情報の保護と開示
    1. 甲は乙の個人情報を国内法に従い漏洩防止対策を講じなければならない。

    2. 甲はプライバシーポリシーをホームページに掲載しなければならない。

    3. 甲は法令により公的機関から個人情報の開示を求められた場合、乙の情報を開示することがある。

    第4条 契約の継続
    1. 甲の提供するサービスは月謝制であることを乙はこれを認め、乙は退会(解約)もしくは休会届けを甲に提出するまでは毎月定額の受講料を甲に支払わなければならない。

    2. 乙は甲が定める受講料を甲のPAYPAL へ振り込まなければならない。甲は乙が定められた受講料の入金を確認できた時点で甲は乙に対し、本サービスを開始しなければならない。

    第5条 本サービスの内容
    甲のサイトにある「ご利用方法」「生徒様マニュアル」「よくあるご質問」など甲のホームページ内容に準ずるものとする。

    第6条 本サービス対象外事項
    1. 本サービスを受けるために必要な乙側の機器については乙の責任で準備するものとする。

    2. 甲は乙のインターネット、PC環境については責任を持たない。

    3. 第3者への権利譲渡の禁止
      甲は乙以外に対してはサービスを提供しない。乙がレッスンに参加できない場合、乙が第3者にレッスンの権利を譲渡することを甲は認めない。

    第7条 本サービスによる賠償責任の制限
    1. 本サービスは学習成果を確約するものではない。

    2. 乙による個人情報の登録のミスにより甲からの連絡が届けられない場合の乙の損失について、甲はその責任は負わない。

    3. 甲に起因しないシステム障害・本サービスの不履行については責任は負わない。
      例:乙側のシステムトラブル、プロバイダー、インターネット、スカイプ、LINE の障害、停電、天災による影響など

    第8条 クーリング・オフ制度の適用
      甲は以下の条件でクーリング・オフ制度を適応する。
      甲と乙で契約成立後に、乙の申し出によりその契約を解約する場合において契約期間が2ヶ月を越え、
      契約金が5万円を超えるものについては契約締結日から8日以内であればクーリングオフの対象とする。
      但し、ディスカウントは適用されないものとし、レッスンを予約した分を差し引いた全額を甲は乙へ返金する。
     法人・団体契約の場合は契約書に準じるものとする

    第9条 退会(解約)・休会
    甲のサイトに記載した「退会(解約)/休会するには」に従うものとする。

    第10条 乙の責務
    1. 乙は登録ページの範囲内で正確な個人情報を甲へ提供しなければならない。

    2. 乙の情報(連絡先TEL, スカイプ 名(スカイプ表示名ではありません)、LINE ID、email アドレス、住所、結婚などによる姓の変更、等々)に変更があった場合はマイページにて正確な情報に変更しなければならない。

    3. 乙は本サービスを受けるために適切なPC、ソフトウェアー、アクセサリー、インターネット環境は乙自身の費用にて準備し、乙の責任にて管理しなければならない。

    4. 乙はレッスンが始まる5分前にはPC 上のスカイプまたはLINE を立ち上げ、講師からの連絡を待つことに同意する。

    5. 乙は講師とプライバシーに関する情報を交換することは出来ない。

    6. 乙は如何なる手段を用いても講師と直取引およびその勧誘をしてはならない。直取引のやりとりの事実が発覚した時点で、12条が適用となり、乙のレッスンは停止される。さらに該当講師への全給与支払を凍結する。

    7. 乙は担当講師のレッスンにおいて、講師に対する不満、本サービスに対する疑問を感じた場合はその内容を甲に 報告し、改善に協力することを惜しまない。

    8. 乙は本サービスを受ける上で甲より提供される教材、資料について、甲の許可なく第3者に譲渡してはならない。

    9. 乙固有のユーザID、パスワードは自己の責任において管理しなければならない。

    10. 乙は甲の定める受講料支払いの規約をまもらなければならない。

    第11条 甲による乙への本サービス停止
    1. 乙が契約を解約もしくは停止した場合

    2. 乙もしくは乙が未成年の場合において、保護者に授業料の支払い能力が無い場合

    3. 乙からの受講料の支払いが無い場合

    4. 乙が本規約に違反した場合

    5. 虚偽の報告をした場合

    6. 本サービスを妨害した場合

    7. 法律、法令に違反する行為が合った場合

    8. 甲の著作権を侵害した場合

    9. 乙がレッスンを受講する上でのマナーの欠如、手順の理解の欠如、パソコンスキル欠如、コミュニケーションスキル欠如、約束順守感覚の欠如、音信不通など、継続することが困難であると甲が判断した場合

    10.乙が講師に直取引を持ちかけたことが発覚した場合

    11. 乙が事実と異なる内容でその誹謗/中傷を一般に公開し、甲の本サービスに損害が出た場合は損害賠償を請求するものとする

    12. その他甲が不適切と判断した場合

    第12条 甲と乙間で生じた紛争
    1. 両者は紛争の解決に勤める。

    2. 紛争が解決しない場合は東京地方裁判所にて調停するものとする。